2018年03月03日

九八式軍刀

入手したのはだいぶ前ですが、これまで紹介していなかった装備です。







九八式軍刀 実物外装 ツナギは模造 刀緒は将官用レプリカ




以前所有していた軍刀の状態が悪かったため、いろいろ手直ししてたんですが、やはりベースが悪いとどうしようもなく、
手放して買いなおしました。



いろいろ見た中で一番程度いいやつでした。

ツナギがない品ならもっといい品もありましたが、後からツナギを作るのはいろいろと大変なんですよね。

なので、ツナギ入りで程度が良い品が一番手っ取り早い。



各部の詳細です。

兜金と猿手









鮫皮には途中途切れたところもあって残念ですが、立派な親粒があります。

柄糸は一般的な諸捻巻、目貫もよく見る品です。



鍔 切羽





通し番号のついている切羽でした。
番号は・・・・覚えてません。
実物の8枚切羽は貴重です。

鍔は透かしでないものがついていましたが、透かしに交換しています。



駐爪





入手した時はこの駐爪が効いていませんでした。

今回切羽のガタつきを抑えるため隙間に詰め物をしましたが、駐爪も機能するよう加工しました。
加工は縁金をはずして行います。
爪を削ってはいけない。










金具はどれも使用感はありますが、それほど痛みはなく、適度な経年感が味わえる雰囲気になっています。


刀身



刀身はこの鞘に合わせて後から作ったそうです。
業者はわかりませんが、2万円くらいだったとか。

鞘は鉄鞘、内部は木です。


自分が考えていた予算よりもかなりオーバーでしたが、状態もよかったのでがんばりました。

軍装パーティー、軍装撮影などで日本軍将校で行くときに使用しています。











同じカテゴリー(大日本帝国計画)の記事画像
八九式重擲弾筒 収納袋 試作品ほぼ完成
軽機弾倉嚢 受注製作します
九六式軽機関銃 多弾マガジンの製作 4
九六式軽機関銃 内部カスタム
日本軍 精密複製 昭五
九六式軽機関銃 多弾マガジンの製作 3
同じカテゴリー(大日本帝国計画)の記事
 八九式重擲弾筒 収納袋 試作品ほぼ完成 (2018-07-08 14:29)
 軽機弾倉嚢 受注製作します (2018-07-04 20:51)
 九六式軽機関銃 多弾マガジンの製作 4 (2018-02-10 00:29)
 九六式軽機関銃 内部カスタム (2018-02-08 21:07)
 日本軍の勲章 記章 (2018-01-31 21:09)
 日本軍 精密複製 昭五 (2017-10-30 21:16)

Posted by モーンケ@門家  at 12:22 │Comments(0)大日本帝国計画

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

アクセスカウンタ
< 2018年11月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
プロフィール
モーンケ@門家
モーンケ@門家

北海道で二次戦をテーマに、サバイバルゲームや撮影会に参加しています。主に管理人が所有する装備やコレクションについて紹介しています。また装備の手直しや修理、カスタムについても随時書いていきます
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE

所蔵資料