スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2017年02月19日

タキカワグラード2017

先日北海道内の友人所有の敷地にて毎年恒例の撮影イベント、

タキカワグラードを実施してきました。



冬のドイツ軍の軍装を再現し、雪で作った塹壕陣地で撮影しようという試みです。

今回で6回目となるガルム旅団目物イベントです。

ドイツ軍の冬季装備や衣類は、やはり雪のある季節に使うのが一番。

普段使うことのないこれら装備ですが、ぜひこの機会に使いましょうってことで
北海道の雪を利用して遊んできました。

今回はなんと函館からも有志が応援に来てくれました。


MG42を設置したり




塹壕から射撃ポーズをしたり





電話線のリールを背負ってもらったり





雪原を行軍したり





食事はアイントプフをフードコンテナに入れて塹壕で食べたり





ソ連兵の方には捕虜になってもらったり





倒れて頂いたり





ソ連兵の捕虜になるイメージも





ソ連軍の砲撃で吹き飛ぶイメージで撮ったり





映画のように飯盒持って走るシーンの再現とか




他にもいろいろやりました。

自分の撮影だけで2000枚以上あります。


まだまだ撮影したいシーンもありましたが、それはまた来年、同じコスや装備持ち寄って撮影できたらと思います。



撮影に参加してくれた皆さん、ありがとうございました。






  

Posted by モーンケ@門家  at 17:31Comments(2)タキカワグラード

2016年02月16日

ソラチグラード  雪の塹壕でミリごっこ 2016

ガルム旅団の毎年恒例行事


「ソラチグラード」


今年も空知某所にて実施しました。


フランツさんが製作した雪の塹壕陣地でドイツ軍装で遊んでしまおうって企画です。




今年はあいにくの雨 でしたが、テンションが下がることもなく、思う存分スターリングラード気分を味わってきました。












こちらはフランツさんの自作迫撃砲での砲撃シーン







電話線を引いてます






ラフェッテを設置して射撃準備







射撃開始!






RWA MG34も撮影ごっこに初投入






フランツさん自作の歩兵砲の射撃







名もなきドイツ兵ここに眠る






撮影のあとはモツ鍋とジンギスカンで腹ごしらえ



ドイツ軍装で食べる野外の食事もいいもんですね


こんな撮影会をもう5年連続やっております・・・・・
  

Posted by モーンケ@門家  at 22:33Comments(4)タキカワグラード

2015年02月15日

滝川グラード

冬の北海道はとにかく雪!


この雪を求めて本州からもスキー客が来るわけですが、
我々北海道人も雪を楽しもう!


というわけで


ガルム旅団名物 冬の塹壕遊び 滝川グラード2015


今回もフランツさんが1ヶ月かけて雪で塹壕陣地を作ってくれました。




そこにいろいろミリタリー用品を持ち込んで即席撮影会をやってきました。


まずはラフェッテを担いで陣地に移動







小物も置いてディスプレイ




ラフェッテの足は実際はこんな設置の仕方はしないんですが、
スペースの関係で・・・・・




やれやれ、まだ敵は来ないようだ・・・・・







指揮官の指示のもと、射撃姿勢








後ろに見えてる監視小屋を中から見ると



ディスプレイに野戦電話置いてみました





やはり実物の野戦電話は迫力あるわ!



デザートにハンドリールも添えてみました






実際の使用例



電話は士官が使うと似合いますね




士官の点検



機関銃の手入れはやっとるのか?

はい、万全であります!





緊急時にはこんな場面もあったかも?



敵機来襲!






MG42が故障し





全員小銃で応戦







しかし、あえなく戦死
戦友が穴を掘って埋葬・・・・






撮影のあとは滝川名物 松尾ジンギスカンと特製のモツ鍋を堪能







雪とミリタリー 最高の組み合わせですね




  

Posted by モーンケ@門家  at 22:40Comments(0)タキカワグラード

2014年03月09日

ソラチグラード  雪の塹壕でミリごっこ

札幌を出発する時はいい天気でした。

小春日和って感じでしたね。


しかし、空知は違う!


特に奈井江周辺だけピンポイントですごい雪降ってたらしい。


奈井江・砂川で強制的に高速降ろされ、

どんだけ吹雪いてるのかと思ったら、雪はやんでて、案外走りやすかった。



予定より早めにソラチグラードに到着。

さすがに寒かったです!



まずは塹壕の視察












今年も制約の多い中、よくこれだけ作ったもんだ。

フランツさん、すごいね!



作戦司令室兼会議室(要するにジンギスカン会場)








せっかくなので、名誉旅団長閣下を交えて撮影会






「補給品が届きました」











「おいみんな、食料が届いたぞ!」








「早く配れ!」
「でも缶詰ばっかりで・・・・肝心のコミスブロートがありません!」





SS士官颯爽と登場!




状況はどうだ?警戒を怠るなよ!







士官自ら塹壕で警戒





よし異常なし!




次は上空の警戒だ

マイヤー、一緒に来い!





上空の警戒を怠るな!


中尉、あそこに敵機!








伏せろ!












ふー、危なかった







モーンケ交代しろ!俺はメシだ








届いた糧食品でさっそく腹ごしらえ





肉とワインは私の部屋へ運べ!



北海道のジンギスカン 冬に食べるのもいいもんです。




ハーセさんも途中ちらっと来てくれて、うれしかったです。
今度は一緒にドイツ兵としてメシ食いたいね。


フランツさん、今年もありがとう。

冬のいい思い出になりました。


  

Posted by モーンケ@門家  at 22:40Comments(2)タキカワグラード

2013年03月03日

スターリングラードごっこ2013

カメラードのフランツさんが北海道空知地区某所に構築した雪の塹壕陣地で、今年も楽しく遊んできました。

前回紹介したケーブルのドラムリールを背負って、雪原で撮影会やりました。


敵を警戒しつつ・・・・・






ケーブル敷設をするSS兵





塹壕で余剰のケーブルを巻き取って




こんな重いリールを背負っての作業は遊びでも大変です。
実戦で作業していた兵はもっと大変だったでしょう。



今回フランツさんお作ってくれた塹壕陣地です。





なんちゃって銃座もあったりして



戦友のハーセさんと記念撮影


ソ連兵を捕虜にしたって設定で


ソ連軍に殲滅された塹壕



本物の雪原でのミリタリーごっこは本州のイベントとは一味違いますよ。

スターリングラードの寒さや雪の冷たさを実感できます。

また機会があればあればやってみたいです!  

Posted by モーンケ@門家  at 11:26Comments(0)タキカワグラード

2012年12月20日

スターリングラードごっこ

2012年2月に空知方面の友人の家付近で遊んだ時の模様です。

ドイツ兵仲間のフランツさんが雪を掘って塹壕陣地を構築したので、遊びにいきました。



フランツさん製作の75mm歩兵砲が据えてあります。


裏から見るとこんな感じ




白い布を貼って敵(周辺住民)から怪しまれないように偽装しています


ソ連軍の攻撃だ




フランツさんはパンツァーシュレックまで自作してます






陣地に侵入したソ連兵と白兵戦




遊んだあとはアツアツのモツ鍋を塹壕で食べて終了です。


来年2月くらいにまたやろうと計画してます。

こんな寒い、雪の多い時期にアホな大人かもしれませんが、
雪があるからこその遊びでもあります。





  

Posted by モーンケ@門家  at 22:04Comments(3)タキカワグラード

アクセスカウンタ
< 2018年12月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
プロフィール
モーンケ@門家
モーンケ@門家

北海道で二次戦をテーマに、サバイバルゲームや撮影会に参加しています。主に管理人が所有する装備やコレクションについて紹介しています。また装備の手直しや修理、カスタムについても随時書いていきます
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
所蔵資料