2017年06月24日

実物MP44マガジンのレストア中

シカゴで実物のMP44マガジンを購入しました。

ただ、錆がすごくて・・・・










わかってて買ったんですが、これが予想以上で 笑






そのままでは劣化もすすんでしまうため、レストアすることにしました






電動工具やらペーパーやら、いろいろやって、錆を落としてブルーイング。
片側のみですが、ようやくここまできました

錆取り液はいろいろ出ていますが、以前失敗したことがあって、最近は使っていません。

なんとか当時の状態に戻してやりたいと思います





  


Posted by モーンケ  at 22:14Comments(0)無可動銃

2017年06月19日

ガルム旅団の軍旗製作中

百式機関短銃を製作されている 提督さんに頼んで軍旗の竿頭を製作してもらいました。










すばらしい出来ですね


あとは旗です。


現在函館方面の戦友が連隊番号を書いてくれていますので、それができたらいよいよ旗本体の加工になります。




  


Posted by モーンケ  at 21:39Comments(0)大日本帝国計画

2017年06月17日

MGC MP40と比較してみた

MGC MP40 は素晴しかったです。

取材させていただいた友人さん ありがとうございました。


さて、MGCのMP40と比較するにはどれを出すべきか?
















AGM?

まさか!
















SRC?

マルシンのプラ?

TOP?


















いや・・・・MGCに対抗できるものは1つしかない。






























無可動 MP40 です

上 MGC   下 無可動

うわー、もうどっちが無可動かわかりませんね

実物と遜色ないというか、C社の陳列棚に置いてもわからないレベルですね




では細部の比較です

上 MGC   下 無可動





マズルナットの溝の向きが微妙に異なっています。
実物にもいろいろタイプがあったようです。






上 MGC   下 無可動





マガジンハウジング周辺です。
ほとんど違いはわかりません。
マガジンはMGCに実物マガジンは入りますが、無可動にMGCのマガジンは入りませんでした。
見た目はほとんど同じですが、内部の幅が若干変更されているようです。





上 MGC   下 無可動





ストックトハンドガード周辺
ストックの材質が一部異なっています
またMGCの方がストックのガタが少ないことに驚きました
MP40の最大の特徴の伸縮チューブはMGCが2段になっているのがわかります



上 MGC   下 無可動





トリガーはMGCが若干太めになっていますが、それ以外はほとんど違いはわかりません






上 MGC   下 無可動






可倒式のリアサイトはよくできています
MGCのリアサイトベースに、成形時の丸い跡が見えます
あと実物のサイトベースはMGCに比べて角ばっています







上 MGC   下 無可動





リアサイトを後ろから見た状態です
実物は100 200の距離の刻印があります
(この写真では写っていないようです)
手前のサイトを倒すと100m
起こすと200mのサイトになります





上 MGC   下 無可動





バレルナットの比較
今回の比較で見た目で一番違いがあるのはここです
これはやはりMGCのオリジナル形状でしょうか
ちょっと残念な部分です






上 MGC   下 無可動





コッキングハンドルです
MGCは機能を省略しているため、ダイキャストの一体成型です。
実物は不用意なコッキングを防止するため、レシーバーの切り込みに押し込むと入るようになっています
トイガンではマルシンのプラ製モデルガンで再現されています






上 MGC   下 無可動





ストックのリリースボタンです
ボタンとレシーバーはピンで接続されていますが、ピンの収納部分がMGCはかなり太くなっています
こうして比較しないとわからないレベルの違いです
ボタンに刻まれるすべり止めの刻みも実物はより細かいようです
グリップとハンドガードのかみ合わせにもMGCではわずかな省略が見えます
ストックのパイプの接合もMGCはちょっと甘い部分があるようです







いかがでしたか?

MGCと無可動の比較   

こういう比較じゃないとわからない違いがあることに、今書いていて初めて気づきました

やはりMGCはよくできてる!
さすがですね



次回は無可動の細部を更に掘り下げてみようと思います


  


Posted by モーンケ  at 00:44Comments(0)

2017年06月11日

MGC MP40 モデルガンを拝見!

MP40は今も昔も人気の銃ですね。


多くのメーカーでモデルガン、エアガンなどが発売されたことでも知られています。



そんなトイガンの歴史の中で今でも語り継がれるMGCのMP40の出来の良さ!



MP40好きな方なら一度は聞いたことがあるのでは?



しかし、実際にMGC MP40を見ることができるのは、現在所有されている方のみで、その現存数は少なくなかなかお目にかかる機会はありません。

しかし、この趣味を通じて知り合った友人さんが所有されていて、しかもこの度そのMGC MP40の取材をさせていただけることになりまして。


いろいろ写真と撮らせていただきましたので、ご紹介します。









これがMGC  MP40 です。

すばらしいですね。

最近の中華製MP40とは全く比較になりません。

自分はマルシンの金属モデルガンを所有していた時期がありましたが、それよりも出来は格段によいと思います。


各部お詳細を見てみます








このブルーイングの雰囲気はいいですね。
プラ製のモデルガンには再現できないリアルさです




ハンドガードはプラ製です。
この時代の品はよくプラ部分に破損が見られますが、大事にされたらしくきれいです。





何度見てもすばらしい!





銃身の根本にあるナットの形状はMGCのオリジナルのようです



一般的には先端がもっと緩やかなタイプだと思います



撮影するの忘れてましたが 独特な伸縮チューブが2段になっていました。
実物は3段あるんですよね。
ここは変更されていました。






分解するとこんな感じ





ストックも多少ガタはありますが、ちゃんと可動します。






リアサイトももちろん100m、200mの選択可能な可倒式を再現




貴重なコレクションの撮影に協力いただいた友人さん、ありがとうございました。  


Posted by モーンケ  at 10:27Comments(2)

2017年06月08日

MP40マガジン 夢のコラボ






MGCと実物マガジンの比較


両方とも素晴らしいですね  


Posted by モーンケ  at 23:33Comments(0)無可動銃

2017年06月03日

海外製 ドイツ軍サスペンダー

海外から取り寄せました。



レプリカ ドイツ軍サスペンダー






お値段は3600円くらい(送料込み)


安いのでお買い得!と思ったら、そうも言えないようなところも・・・・








ドイツのベルト、サスペンダーは革の表を裏に向けて作られています。

安いレプリカは革の裏を裏として使います。
なぜならその方が簡単だからです。

ではなぜ実物は裏を表にするような手間をかけるかというと、
革の表はツルツルしているので、ウールの野戦服の上からしても生地にひっかかることなく装着できます。

ザラザラしている革の裏を裏にして使うとウールの生地とこすれて痛んでしまいます。

生地を傷めないために、革の表を裏にして使っているのです。


さて、今回のレプリカはどっちのタイプか。

言うまでもありません 笑
最低な雑品です。


しかし、まーまーな部分もありました。





金具がライトグレーで塗装されており、このパーツはなかなか入手しにくいパーツです。

せめてこの金具だけでも活かせたらと思います

活用方法はこれから考えます



  


Posted by モーンケ  at 00:03Comments(0)装備品

2017年05月31日

ドイツ軍最後の迷彩パターン ライバームスター

WW2ドイツ軍 最後の迷彩パターン ライバームスター迷彩のレプリカです。

実物は非常に残存数が少ないため貴重な品のようです。







これを見て スイス軍の迷彩?と思った人もいると思いますが、間違いなくドイツ軍の迷彩です。




ちなみにスイス軍の迷彩服はこちら




迷彩柄は似てますが、細部が異なります。



スイスは赤が目立つ配色ですが、ドイツは赤ではなく、オレンジか茶に近い色を使っています。
黒い模様が目立ちますが、当時のドイツは赤外線から発見されることを防ぐ目的でこのような配色にしたそうです。


胸のポケットはドイツはボタンホールで留めますが、スイスはダブルスナップとなっています。

フロントはドイツは昔ながらのボタンなのに対して、スイスはジッパーです。

丈もドイツとスイスでは全く違います。

ドイツは物資節約のため丈が短く、M44戦闘服と同じように腰までしかありません。


戦後この迷彩服は各国で研究されましたが、スイスでこれをベースにした迷彩が採用され、現在に至ります。


終戦間近のドイツでは衣類のプリントにも苦労したようで、染料の質低下、生地質の低下、職人の技能低下で高品質な野戦服を作ることが難しくなっていたようです。

この迷彩柄にもそれが表れています。





いわゆる 版ずれ というやつで、本来は白い部分に版をのせてきれいにプリントすべきところが、版がずれてしまい、図柄に下地の白が出てしまっています。


これはレプリカですが、その版ずれまでも再現しているというマニアックな品です。


この迷彩は親衛隊の迷彩ではなく、ドイツ軍全体の共通迷彩服として開発されたようです。
末期の国防軍でもこの迷彩服を着用しています。





スプリンター迷彩のような筋が模様の端に見えます。



レプリカとしての出来はなかなかよいと思います。

国内では取り扱いがないので入手は困難かと思いますが、お好きな方は海外通販にチャレンジしてみては?





  


Posted by モーンケ  at 23:27Comments(0)野戦服、制服

2017年05月22日

PPsh41に実物スリング取り付け





無可動にレプリカのスリングは似合わないと思いまして

実物スリング取り寄せて装着しました


たぶん戦後のものと思いますが、クオリティは戦時中のものと変わりませんね


  


Posted by モーンケ  at 23:30Comments(0)無可動銃

2017年05月20日

PPsh41 無可動とエアガンの比較 5

PPshの比較いよいよ最終回です。

テイクダウンの様子 

S&T




無可動




ハドソンのモデルガンはこのテイクダウンができないという致命的な欠点がありましたがS&Tはよく再現できてると思います。





無可動のボルトは下半分が切断されています





フロントサイトです

S&T



無可動


S&Tは固定されていて、調整は一切できません。
無可動はネジを閉めると高さの調整ができます。AKと同じ構造ですね
左右は工具があればスライドさせることも可能となっています

サイトカバーはS&Tは弱々しい感じですが、無可動はさすが頑丈です。
鉄の厚みが全然違う!





トリガーの後ろのネジを1本外すとここまで分解可能です
もっともMP40はネジを外すことなく分解可能ですが 笑








S&Tはこのトリガーハウジングの部分が丸ごとメカボックスとなっており、メカボにトリガーガードを付けてます


中華銃も多少のデフォルメはありますが、実銃の雰囲気を壊すことなく、よく各部を再現できていると思います。

アレスやヘキサゴンなど他のメーカー製のエアガンとも若干異なっているかもしれませんが、ご参考になれば幸いです。





PPsh 無可動とエアガンの比較でした! 













  


Posted by モーンケ  at 07:54Comments(0)無可動銃

2017年05月18日

PPsh41 無可動とエアガンの比較 4

PPshの比較 4回目です。


ストック部分で気になる部分がありました



こちらがS&T






こちらが無可動





あきらかに削られています


狙う時 頬付けするのにたしかにこうなっていると狙いやすいんですが、オリジナルの状態を見たかった

これは最初の持ち主か戦後のコレクターか、誰かが削ったんですね





レシーバーとストックの接合部分です

こちらがS&T





こちらが無可動




レシーバー後部のスライド部分はS&Tのパーツがずんぐりと大きいのに対して
無可動はやはりシャープで引き締まったパーツで、恰好いいです

ストックとの接合部分の金具は形状が全く違い、S&Tの省略というか、やっつけ仕事的な作り方にがっかりです

ちなみにS&Tのダイキャストパーツは塗装を剥がして黒染めしてあります
だいぶ薄くなってしまってますが・・・・

S&Tのストックも安っぽい家具のようだったので、やはり塗装剥がしてオイルステインで塗装してあります
もっと下地処理をしっかりしてから塗った方がよかったんですが・・・・・













  


Posted by モーンケ  at 23:17Comments(0)無可動銃

2017年05月17日

PPsh41 無可動とエアガンの比較 3

PPshの比較 第3回です。


今回は全体のフォルムを比較してみます


まず ストック




上がS&T  下が無可動 です


S&Tは横幅が広いのは前回でわかりましたが、縦にも広いです
要するに全体がずんぐりしてます
ボテっとした感じというか、やはり無可動はシャープなストックです

グリップ下部のとんがりも無可動とは形状が異なっています。
しかし、この部分は持ち主又は前のオーナーが独自に削ったものかもしれません。







スリング金具の比較です。
無可動の方は若干横長になっています。
近くで見ると無可動は鉄部品が肉厚です。
この金具だけでも迫力があります。









レシーバー付近です
S&Tは機関部の配置が若干デフォルメされているようです
やはり大型のメカボを入れるために工夫したんでしょう







バレルジャケット付近です。
ここの表現はやはりS&Tは甘いと思います。
これがトイガンの限界かもしれません。

バレルジャケットの長さもS&Tの方が2cmほど短いようです






S&Tのスリング金具





無可動のスリング金具


ここはもう雲泥の差です
S&Tは溶接でかろうじてくっついているって感じです。実際にスリング通して使うとここが破損するかも。

無可動は一旦穴に通してから曲げて、更にがっちり溶接してますから、十分な強度があります。
スイベルはこうじゃなきゃいけない。




やはり比較してみるといろいろ違いがあるんですね。

まだ比較検討の半分くらいしか紹介してません 笑

次回以降もう少しお付き合いください











  


Posted by モーンケ  at 22:37Comments(0)無可動銃

2017年05月16日

PPsh41 無可動とエアガンの比較 2

PPshの比較検証の続きです。


バットストックの比較です。

右が実物 左がS&T




明らかに実物のストックは細いですね。


S&Tだけ見るとそんなに違和感感じないけど、やはり比べると別物って感じです。


S&Tにもついている蓋は大きさが違いますが、両方とも開閉できます。

しかし、用途は違っています。


S&Tはバットプレートを外すためのリリースボタンを押すために蓋を開けますが、実物はここに銃身クリーニングのためのロッドが2本入ります。





このクリーニングロッドはその他のセットと共に数年前やはりシカゴで買っておいたものです。





その時はまさか無可動を買うとは思っていなかったんですが、今回役に立ちました。




そして、銃口です。


これは自分にはかなり衝撃でした。






案外丸い!


もっと四角いゴツゴツしてるイメージだったんですが、正面から見るとこんなに丸いんですね。



  


Posted by モーンケ  at 22:13Comments(0)無可動銃

2017年05月15日

PPsh41 無可動とエアガンの比較 1

シカゴレジメンタルス大阪店で買ってきたPPsh41の無可動です。



こういうの入手したら、まずやってみたいのが、エアガンとどこがどれくらい違うかの比較ではないでしょうか。

実際に比較してみようと思います。

比較には自分が所有するS&TのPPsh41を使用しております。




まずはマガジンから









右が実物 左がエアガン



大きさはほぼ同じです。
しかし、表面の仕上げは全く違います。
実物は仕上げなどされていないって感じで、ザラザラです。








マガジンの上部です。




かなり違ってます。


取り付け部分の金具の形状や位置、上部のリップが飛び出ているなど、エアガン用とは全く互換性がなく、取り付けることはできません。




内部です。








実物はマガジンの部品の一部を除去してあるため、機能しないようになっているそうです。

弾薬を70発ほど並べてから蓋をすると装填完了です。

当時のマガジンは安全性などは考慮されておらず、弾の装填中にゼンマイが動いて指をケガすることがよくあったとか。

マガジンの外側に70の刻印がありました。

1970年製を示す刻印ではなく、装弾数が70発という意味だと思います。

71発まで装填できるが、安全のため70発までにしなさい、という指示でしょうか。












  


Posted by モーンケ  at 22:48Comments(0)無可動銃

2017年05月14日

PPsh41

先日 大阪のシカゴレジメンタルスで購入してきたPPsh41です。

あまりの嬉しさに抱っこして寝ました。



状態の割りに案外お買い得だったので(個人の感想ですが)迷ったあげくの購入でした。


しかも、店訪問時は買えず、関空への移動の最中、電車の中で決断、空港のロビーから電話予約というギリギリの決断でした。







この重さ



この質感



ドイツの銃とは違う仕上げの粗さ



エアガンとは次元が違う完成度



全てが魅力ですね




自分の所有するS&Tのエアガンと比較してみようと思います







ちらっと見ただけでも随分違いありました。


随時その違いをレポートしようと思います














  


Posted by モーンケ  at 21:45Comments(0)無可動銃

2017年05月10日

大阪土産

GWに関西方面に家族で旅行にいきました。

家族とは別行動の時間があったので、
シカゴレジメンタルス大阪店にいってきました。








こちらの店では以前 シースベッヒャーのセットを購入したことがあり、店長さんのご厚意により店内の撮影をさせていただくことができました。


すばらしい品揃えで、見るだけでも価値ありです。

今回は買うつもりなく、ただ、見学のつもりでしたが、見たらどうしても欲しくなりまして。


買ってしまいました



1945年製 PPsh41の無可動です

細部の画像は後日紹介します

  


Posted by モーンケ  at 18:03Comments(0)無可動銃

2017年05月08日

サバゲパーティー2017春 撮影ごっこ2

灼熱の独ソ戦 後編



火炎放射器を装備した戦闘工兵が投入される











今だ!

ボー~-~-~-~-~






あ~~~~~~























ゲルマンスキーめ!

同志の仇だ!








タンクに被弾!





ザニテーター!






独ソの灼熱の戦いは続く・・・・・・







画像加工にご尽力いただいた じろうXさん ありがとうございました。

今度は自分でもできるよう頑張ってみます




  


Posted by モーンケ  at 23:19Comments(0)撮影ごっこ

2017年05月07日

サバゲパーティー2017春 撮影ごっこ1

サバゲパーティーのゲームの合間やスタート前に撮影した画像を基に

カメラードのじろうXさんに加工していただきました。


題して


「灼熱の独ソ戦 前編」

スターリングラードの廃墟






立て籠もるソ連兵







業を煮やしたドイツ軍は戦闘工兵を投入



こっそり近づき















今だ!













  


Posted by モーンケ  at 07:47Comments(0)撮影ごっこ

2017年05月05日

サバゲパーティ2017春

今回のサバゲパーティー2017春には
我がドイツ軍の新型兵器が登場しました。



降下猟兵ファンにはたまらない兵器です。

FG42後期型

松栄製作所のモデルガンベースに内部カスタムとレシーバーはオリジナルのスチール製です。
マガジンは70連です。



エクセルホビーで予約受付中とのことです。

後期の降下猟兵装備を目指している方にオススメです。
モンテカッシノやノルマンディー、バルジの装備に最適ですね


  


Posted by モーンケ  at 23:57Comments(0)サバゲー

2017年05月03日

サバゲパーティー2017春 終了 その3

道南の森町のフィールドで年2回あるこのイベント、最近3年ほど毎回の参加となっています。



やはり、同志がいると行きたくなりますね。



ゲームは大人数でもちろん楽しめますが






インターバルの合間にこんな撮影やったりするのが、別な楽しみです。















今回見事ベストドレッサー賞を受賞した ハーセ氏の火炎放射器っぽい電動ガン




背中のタンクとホースは完全な飾りで、単なる電動ガンだそうです 笑



  


Posted by モーンケ  at 17:53Comments(0)撮影ごっこサバゲー

2017年05月03日

サバゲパーティー2017春 終了 その2

先日のサバパでガルムのカメラードからミニモスカートを1個譲ってもらえました。







これまでの5本から更に1本増加しました!


このケースの収納スペースからすると、あと3本は入ります。

実物の信号弾なら18発入りますが、ミニモスカートは実物と形状が異なるため
各列3個、最大9個まで収納できます。


ちなみにサバパ会場はとても寒くて、ガスのカートは不発に終わりました。  


Posted by モーンケ  at 07:56Comments(0)装備品サバゲー


アクセスカウンタ
< 2017年06月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
プロフィール
モーンケ
モーンケ

北海道で二次戦をテーマに、サバイバルゲームや撮影会に参加しています。主に管理人が所有する装備やコレクションについて紹介しています。また装備の手直しや修理、カスタムについても随時書いていきます
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
所蔵資料