2017年08月16日

九九式弾倉のレストア おまけ

マガジンを銃にセットした時、射手に見えるようにマガジンに穴が開いています。


この穴から残弾数が見えるようになっています。



今回のレストアでこの穴が錆で全く見えなかったんですが、復元できました。


ダミーカートを1発づつ抜いて残弾数を確認してみます。

























連射してると残弾見てる余裕ないかもしれませんが、機能としてなかなか優れていると思います。

底の板が開かないと弾受を磨くことができなかったんですが、レストアでこういった部分も復元できてよかったです。

これで当時の機能は全て回復しました。









  


Posted by モーンケ  at 22:11Comments(0)大日本帝国計画

2017年08月15日

九九式弾倉のレストア 最終回

長かったレストア作業 ようやく終了です。







弾受部分も磨いてブルーイングしました。







もっと磨いて表面滑らかにしてもよいと思いますが、なにせ鉄板が薄くなっているので、穴があくのが心配で。

とりあえずこのへんにしておきます







九九式のダミーカートも用意しました。
右が九九式、左が7.92モーゼル用ダミーカート







残念ながら九九式のダミーカートは弾倉に合わず、やむを得ずモーゼルカートを使用しています




完成記念写真





でくの坊製弾入れに入れています。

最高の組み合わせです




  


Posted by モーンケ  at 11:34Comments(0)大日本帝国計画

2017年08月13日

九九式弾倉のレストア 5


九九式弾倉のレストア  いよいよブルーイングです










かなり黒くいい感じになりました。


ドライヤーで本体温めながらやるときれいに染まります。


染めてそのまま放置すると錆びるので、一面やったら水に入れから次の面にかかる方がいいです。


各面数回づつ染めてこんな感じです。











水気を乾かし、ドライヤーで乾かしてオイルスプレーをしておけば錆を防げます



あとは内部部品の弾受を磨いて同様に黒染してやれば作業終了です



  


Posted by モーンケ  at 16:55Comments(0)大日本帝国計画

2017年08月08日

九九式弾倉のレストア 4

九九式弾倉のレストア継続中です。


今日私にとっては新型の電動工具を初投入しました。



ベルトサンダーです。

紙やすり<棒やすり<ミニルーター<ベルトサンダー<グラインダー  という関係かなと。

この弾倉を研磨するにはグラインダーでは削れすぎて穴が開きそうなので、もう少しマイルドな電動工具を考えました。



で、磨いた結果です。






全体にピカピカになりましたが





月面クレーターのような朽ちた跡は埋めないとどうにもなりません。

最初の状態よりはマシかなと思いますが。


もう少し目の細かいベルトで磨いてからブルーイングしてみようと思います。



  


Posted by モーンケ  at 23:32Comments(0)大日本帝国計画

2017年08月06日

九九式弾倉のレストア 3


弾倉の錆がだいたい落ちたので、裏蓋を開けてみました



バネも奇跡的に生きています






作業前は取り外すなど夢のまた夢って感じでしたが
錆が落ちれば外すことも可能になりました




底板裏面




弾受もきれいになりました


内部もまずまずきれいに







しかし、各部の朽ち方はけっこうひどいようです



薄い鉄板が更に薄くなっている部分もあり、研磨すると穴が開くか、穴が広がる可能性もあります。
パテで埋めるとブルーイングできなくなるし。
悩ましい・・・・





  


Posted by モーンケ  at 22:44Comments(0)大日本帝国計画

2017年08月05日

九九式弾倉のレストア 2


花咲かGの薬液に漬けて1週間たちました












錆はほとんどなくなりました。


自分の場合 原液500ccと50度のお湯500ccで2倍の薬液を作り漬けています。

本来バイクのタンクの錆びを落とす液ですが、強力なのでこういう品にも有効です。

液はすぐに真っ黒になり、2回交換しています。


このやり方は説明書にはないやり方なので、参考にする方は自己責任でお願いします。

貴重な品がどうなってもこちらでは一切責任は負いませんので。




現在は水でリフレッシュ中です。

あとでオイルスプレーしておきます。


表面はザラザラしているため、研磨してピカピカにしてからブルーイングしたら70年前の状態にかなり近くなるかなと思います。

鉄が朽ちて穴が開いてるところもありますが、ここまで残っていれば十分です。

内部のバネも生きていて、貴重な資料になりそうです。

サイズが違うためKTWの九六/九九式には使えません。

  


Posted by モーンケ  at 00:32Comments(0)大日本帝国計画

2017年08月02日

九九式弾倉のレストア


かなり錆てる九九式の弾倉を入手しました。







このままでは扱いに困るので錆を落としていきます



グラインダーの真鍮ブラシで研磨してみました




まだまだ頑固な錆があるので



花咲かGの薬液に漬けてます。

今日で3日目×2サイクルで合計6日間漬かってます。
途中で液を交換しましたが、70年以上の錆びや汚れは半端ないようです。

かなり錆は落ちてるようですが、もう少し様子見てみます




  


Posted by モーンケ  at 23:14Comments(0)大日本帝国計画

2017年07月30日

MP44 マガジンにダミーカート装填

先日錆落としした実物のMP44マガジンです。






これにシカゴレジメンタルスで購入したMP44のダミーカートを装填してみます。





ただ装填してもつまらないので、小道具を使ってみます。






クリップとローダーです。








ローダーは4~5年前にシカゴレジメンタルスで購入した実物です。
当時は数千円でしたが、今は・・・・・かなり高価なようです。
クリップは適当なレプリカ品。





ダミーカートの薬莢は実物ですが安全のため全部穴が開いてます。






マガジンの背面にこのような突起があります。






ここにローダーを取り付けます。






そしてクリップに装着したカートを溝にそってセットし





勢いをつけて押し込みます。






これで5発装填できました。


30発装填するにはこれを6回やると満タンになります。

1発づつ指で押し込むよりはるかに楽ですが、マガジンのバネが強いため、コツがいります。

1944 エストニア という映画で新兵が射手のためにマガジンに弾を装填するシーンがありましたが、そういう設定で撮影をする時の小道具として活用するといい写真が撮れると思います。





余談ですが


このローダーはマガジンポーチのポケットに収納されます。



こんな感じです。



ちなみに分解ツールもあって



これもローダーとセットでシカゴで買ったものですが




反対側のマガジンポーチのポケットに収納します。















  


Posted by モーンケ  at 09:42Comments(0)装備品

2017年07月30日

ビクトリーショー 戦果報告 追加その2

ビクトリーショーで買ってきた実物の防暑帽です。



日本軍に詳しいブナマーさんに鑑定してもらったところ、間違いなく実物とのことです。

帽章は手直し必要とのことでした。

買うかどうか迷いましたがよい買い物でした。
  


Posted by モーンケ  at 00:05Comments(0)帽子、ヘルメット大日本帝国計画

2017年07月28日

ビクトリーショー 戦果報告 追加



ビクトリーショーでの購入の品 まだありました。


ドイツ兵の写真 戦死カード、レンテンマルク札など
















  


Posted by モーンケ  at 19:33Comments(0)装備品

2017年07月27日

ビクトリーショー 戦果報告

7月23日 東京都浅草であったビクトリーショーを見学してきました。


5階まで階段を上がりながら会場に行くのは暑くて大変でした。


しかし、会場に入るとそこは別世界!

ミリタリーの趣味を存分に味わえるフリーマーケット会場でした。

個人のブースから店舗、webショップまで、様々なブースが並んでいました。

来てる人は陸自、米軍特殊、日本兵、ドイツ陸軍兵、将校、アフリカ軍団、アルゲマイネ、ロンメル将軍、明治の日本兵など、コスプレの人も多数。

売る人も買う人も思う存分ミリタリーを楽しんでました。






いろいろ買いましたが、まずはドイツ軍

カンプバタリオン様特製の試作品

携帯用信号弾&レッグベルト





空軍パイロット、降下猟兵などが使用していたそうです。
陸軍でも通信に関わる兵は使っていたそうな。
購入したのは陸軍用のグリーンのベルト、空軍タイプは売り切れ。
これが当日最後の品でした。

今後カンプバタリオン様で量産も計画してるとか。





実物クラーゲンビンデ




たぶん自分にはちょっと短いと思われますが、ゲームでの使用はないと思いますので、まあ、資料として。
とても柔らかい布でレプリカのゴワゴワとした感じとは全く違います。






叙勲者に送られる名誉写真集?



京都のややこ社様より購入。
どこかの大管区指導者の直筆サイン入り。

総統閣下やゲーリング国家元帥のポートレートも入ってます。
ちょっと高価でしたが、勢いで購入。
ヒマな時にドイツ語翻訳してみたい。








兵用携帯ナイフ




シュバルツ様で購入。
戦闘用でなく、生活用のナイフです。
当時の品と同型で、戦後の品です。
一応ゾーリンゲンらしいですが・・・刻印ないので。

パン切るとか、ロープを切るとか使い方いろいろ。
雑納アイテムです。






松栄製作所MP44ストックの中古



AGM MP44のストックと交換しようと思って購入。







続いて日本軍

実物 革柄覆い



これは以前から程度いいもの探してたので、よかったです。

早速自分の軍刀に使ってみました


ばっちりですね





でくの坊様で購入した九六/九九式の弾入れ



これはレプリカとして最高の出来です。
当時の実物も持ってますが、実物より出来がいい!
しかしスリングは別売り!
高価なので悩んだ結果一緒に購入。
やはりあるべきものは付いてないと。







実物の兵用ベークライトボタン



1個100円でした。
もっと買っておけばよかった。



他にもいろいろありますが、主な買い物はこんな感じ。


ネット通販で利用したことのあるお店ばっかりで、店主を見るのは一部を除いて初。

名刺交換などもできて有意義な訪問でした。



また機会あれば行ってみたいです。


案内してくれた少佐さん ありがとう。



  


Posted by モーンケ  at 23:05Comments(4)装備品大日本帝国計画

2017年07月24日

第83回Vショー行ってきました



2017年7月23日  はるばる東京のVショー見学に行ってまいりました。


いやー北海道の夏とは違うこの暑さ!

密度が濃い暑さです。



しかし、Vショーの会場はもっと密度の濃い、マニアックな世界でした!


PKミリタリヤ様








ややこ社様









シュバルツ様







レコレクショヌール様







でくの坊様







会場のドイツ軍や日本軍の実物装備や生活用品を販売されていたブ-スの方にお願いして撮影させていただきました。




松栄製作所の社長さんと初めてお会いできたのも嬉しかったです。




次期発売のG43の展示がされていて、発売が間もなくとのことでした。




ご紹介していないお店でもいろいろ購入してきました。

荷物はまとめて発送したため、明日あたり到着の予定です。


荷物届いたら順次 戦果報告をしたいと思いますので、お楽しみに。




  


Posted by モーンケ  at 23:03Comments(0)装備品大日本帝国計画

2017年07月07日

実物MP44マガジンのレストア中 2

前回は片面をやったところまで紹介しましたが


ようやく両面終了しました。



というか、キリがないのでやめました。






現在の状態です。






全体に錆が発生してかなり状態は残念な感じでしたが、サビ落とし、磨いてブルーイング、ペーパーかけ、の工程を何度も繰り返してようやく、ここまできました。


















サビを完全除去するとオリジナルの塗装も剥がすことになるので、そこまではしなくないと思いまして。















こんな状態から始めたにしてはまずまずかなと。












写真が逆ですが、メーカー刻印です。


qlx    ルンベカント社  MP44のマガジン製作を請け負っていた会社です

CHN    ゲーラ ツヴェツェンに所在した ラインホルト機械工業社です MP44のマガジンの部品を製作していました







きれいになったので、とっておきのレプリカマガジンポーチに入れてみます。





実物のマガジンポーチをよく再現した海外製レプリカです。

末期の装備品に見られる縫い線のズレまで再現したマニアックなレプリカです。

革パーツの縫い付け方法はちょっと雑な感じですが、ヒマな時に手直ししようかと。




  


Posted by モーンケ  at 23:25Comments(0)無可動銃

2017年07月05日

日本軍 隠顕燈のレストア

日本軍の装備を使ってミリタリーキャンプをやるのが今後の目標ですが、LEDランタンを使うのはちょっと残念な感じです。


そこで日本軍の実物隠顕燈を入手しました。

現在2個所有していて、左が1号、右が2号としておきます。
















1号は中古ですが、2号は新品で、1度も使われていないデッド品です。


1号は1個、2号2個部品が欠品で、レストアが必要でした。














これがロウソクの収納部分で









欠品なのはロウソクを押さえる部品です。








左がオリジナル 右は自作した部品です。
2個セットじゃないと意味がない部品です。







ロウソクをセットして本体に戻します


















では  点灯!





























おーーーーすばらしい。

70年以上前の灯りが再現できました!



予備のガラス缶の中に当時の色ガラスがあったので、交換してみました。






















赤いガラス






















緑のガラス












すばらしい!!!!!



今度はぜひ外で使ってみようと思います。



  


Posted by モーンケ  at 21:32Comments(0)装備品大日本帝国計画

2017年06月24日

実物MP44マガジンのレストア中

シカゴで実物のMP44マガジンを購入しました。

ただ、錆がすごくて・・・・










わかってて買ったんですが、これが予想以上で 笑






そのままでは劣化もすすんでしまうため、レストアすることにしました






電動工具やらペーパーやら、いろいろやって、錆を落としてブルーイング。
片側のみですが、ようやくここまできました

錆取り液はいろいろ出ていますが、以前失敗したことがあって、最近は使っていません。

なんとか当時の状態に戻してやりたいと思います





  


Posted by モーンケ  at 22:14Comments(0)無可動銃

2017年06月19日

ガルム旅団の軍旗製作中

百式機関短銃を製作されている 提督さんに頼んで軍旗の竿頭を製作してもらいました。










すばらしい出来ですね


あとは旗です。


現在函館方面の戦友が連隊番号を書いてくれていますので、それができたらいよいよ旗本体の加工になります。




  


Posted by モーンケ  at 21:39Comments(0)大日本帝国計画

2017年06月17日

MGC MP40と比較してみた

MGC MP40 は素晴しかったです。

取材させていただいた友人さん ありがとうございました。


さて、MGCのMP40と比較するにはどれを出すべきか?
















AGM?

まさか!
















SRC?

マルシンのプラ?

TOP?


















いや・・・・MGCに対抗できるものは1つしかない。






























無可動 MP40 です

上 MGC   下 無可動

うわー、もうどっちが無可動かわかりませんね

実物と遜色ないというか、C社の陳列棚に置いてもわからないレベルですね




では細部の比較です

上 MGC   下 無可動





マズルナットの溝の向きが微妙に異なっています。
実物にもいろいろタイプがあったようです。






上 MGC   下 無可動





マガジンハウジング周辺です。
ほとんど違いはわかりません。
マガジンはMGCに実物マガジンは入りますが、無可動にMGCのマガジンは入りませんでした。
見た目はほとんど同じですが、内部の幅が若干変更されているようです。





上 MGC   下 無可動





ストックトハンドガード周辺
ストックの材質が一部異なっています
またMGCの方がストックのガタが少ないことに驚きました
MP40の最大の特徴の伸縮チューブはMGCが2段になっているのがわかります



上 MGC   下 無可動





トリガーはMGCが若干太めになっていますが、それ以外はほとんど違いはわかりません






上 MGC   下 無可動






可倒式のリアサイトはよくできています
MGCのリアサイトベースに、成形時の丸い跡が見えます
あと実物のサイトベースはMGCに比べて角ばっています







上 MGC   下 無可動





リアサイトを後ろから見た状態です
実物は100 200の距離の刻印があります
(この写真では写っていないようです)
手前のサイトを倒すと100m
起こすと200mのサイトになります





上 MGC   下 無可動





バレルナットの比較
今回の比較で見た目で一番違いがあるのはここです
これはやはりMGCのオリジナル形状でしょうか
ちょっと残念な部分です






上 MGC   下 無可動





コッキングハンドルです
MGCは機能を省略しているため、ダイキャストの一体成型です。
実物は不用意なコッキングを防止するため、レシーバーの切り込みに押し込むと入るようになっています
トイガンではマルシンのプラ製モデルガンで再現されています






上 MGC   下 無可動





ストックのリリースボタンです
ボタンとレシーバーはピンで接続されていますが、ピンの収納部分がMGCはかなり太くなっています
こうして比較しないとわからないレベルの違いです
ボタンに刻まれるすべり止めの刻みも実物はより細かいようです
グリップとハンドガードのかみ合わせにもMGCではわずかな省略が見えます
ストックのパイプの接合もMGCはちょっと甘い部分があるようです







いかがでしたか?

MGCと無可動の比較   

こういう比較じゃないとわからない違いがあることに、今書いていて初めて気づきました

やはりMGCはよくできてる!
さすがですね



次回は無可動の細部を更に掘り下げてみようと思います


  


Posted by モーンケ  at 00:44Comments(0)

2017年06月11日

MGC MP40 モデルガンを拝見!

MP40は今も昔も人気の銃ですね。


多くのメーカーでモデルガン、エアガンなどが発売されたことでも知られています。



そんなトイガンの歴史の中で今でも語り継がれるMGCのMP40の出来の良さ!



MP40好きな方なら一度は聞いたことがあるのでは?



しかし、実際にMGC MP40を見ることができるのは、現在所有されている方のみで、その現存数は少なくなかなかお目にかかる機会はありません。

しかし、この趣味を通じて知り合った友人さんが所有されていて、しかもこの度そのMGC MP40の取材をさせていただけることになりまして。


いろいろ写真と撮らせていただきましたので、ご紹介します。









これがMGC  MP40 です。

すばらしいですね。

最近の中華製MP40とは全く比較になりません。

自分はマルシンの金属モデルガンを所有していた時期がありましたが、それよりも出来は格段によいと思います。


各部お詳細を見てみます








このブルーイングの雰囲気はいいですね。
プラ製のモデルガンには再現できないリアルさです




ハンドガードはプラ製です。
この時代の品はよくプラ部分に破損が見られますが、大事にされたらしくきれいです。





何度見てもすばらしい!





銃身の根本にあるナットの形状はMGCのオリジナルのようです



一般的には先端がもっと緩やかなタイプだと思います



撮影するの忘れてましたが 独特な伸縮チューブが2段になっていました。
実物は3段あるんですよね。
ここは変更されていました。






分解するとこんな感じ





ストックも多少ガタはありますが、ちゃんと可動します。






リアサイトももちろん100m、200mの選択可能な可倒式を再現




貴重なコレクションの撮影に協力いただいた友人さん、ありがとうございました。  


Posted by モーンケ  at 10:27Comments(2)

2017年06月08日

MP40マガジン 夢のコラボ






MGCと実物マガジンの比較


両方とも素晴らしいですね  


Posted by モーンケ  at 23:33Comments(0)無可動銃

2017年06月03日

海外製 ドイツ軍サスペンダー

海外から取り寄せました。



レプリカ ドイツ軍サスペンダー






お値段は3600円くらい(送料込み)


安いのでお買い得!と思ったら、そうも言えないようなところも・・・・








ドイツのベルト、サスペンダーは革の表を裏に向けて作られています。

安いレプリカは革の裏を裏として使います。
なぜならその方が簡単だからです。

ではなぜ実物は裏を表にするような手間をかけるかというと、
革の表はツルツルしているので、ウールの野戦服の上からしても生地にひっかかることなく装着できます。

ザラザラしている革の裏を裏にして使うとウールの生地とこすれて痛んでしまいます。

生地を傷めないために、革の表を裏にして使っているのです。


さて、今回のレプリカはどっちのタイプか。

言うまでもありません 笑
最低な雑品です。


しかし、まーまーな部分もありました。





金具がライトグレーで塗装されており、このパーツはなかなか入手しにくいパーツです。

せめてこの金具だけでも活かせたらと思います

活用方法はこれから考えます



  


Posted by モーンケ  at 00:03Comments(0)装備品


アクセスカウンタ
< 2017年08月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール
モーンケ
モーンケ

北海道で二次戦をテーマに、サバイバルゲームや撮影会に参加しています。主に管理人が所有する装備やコレクションについて紹介しています。また装備の手直しや修理、カスタムについても随時書いていきます
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
所蔵資料