2014年02月13日

ドイツ軍 ガスマスクキーパー

WW2ドイツ兵の標準装備をしていると、ガスマスク缶が必需品になります。

中にはガスマスクが入っていますが、ゴム製のため手入れが必要になります。


ガスマスクキーパーとは何かというと、



普段缶に収納しているガスマスクを缶から出して、形が崩れないよう金具で補正して保存する器具のことです。







こういうものです。








ちゃんと刻印もあります。







レプリカのはずですが、実物なみの錆びもあります









これだけではどう使うかかわかりにくいので
さっそく装着してみます




つぶれたマスク が








きれいに形が整いました












平時はこのようにして管理することになっていたらしいです。

末期はこんなことしてる余裕なかったと思いますがね・・・・
  

Posted by モーンケ@門家  at 23:20Comments(0)アルゲマイネ計画

アクセスカウンタ
< 2018年07月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール
モーンケ@門家
モーンケ@門家

北海道で二次戦をテーマに、サバイバルゲームや撮影会に参加しています。主に管理人が所有する装備やコレクションについて紹介しています。また装備の手直しや修理、カスタムについても随時書いていきます
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
所蔵資料