スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2017年11月04日

とまこす2017





日本軍 昭五着用のイメージで撮影しました  

Posted by モーンケ@門家  at 21:33Comments(2)撮影ごっこ

2017年05月08日

サバゲパーティー2017春 撮影ごっこ2

灼熱の独ソ戦 後編



火炎放射器を装備した戦闘工兵が投入される











今だ!

ボー~-~-~-~-~






あ~~~~~~























ゲルマンスキーめ!

同志の仇だ!








タンクに被弾!





ザニテーター!






独ソの灼熱の戦いは続く・・・・・・







画像加工にご尽力いただいた じろうXさん ありがとうございました。

今度は自分でもできるよう頑張ってみます




  

Posted by モーンケ@門家  at 23:19Comments(0)撮影ごっこ

2017年05月07日

サバゲパーティー2017春 撮影ごっこ1

サバゲパーティーのゲームの合間やスタート前に撮影した画像を基に

カメラードのじろうXさんに加工していただきました。


題して


「灼熱の独ソ戦 前編」

スターリングラードの廃墟






立て籠もるソ連兵







業を煮やしたドイツ軍は戦闘工兵を投入



こっそり近づき















今だ!













  

Posted by モーンケ@門家  at 07:47Comments(0)撮影ごっこ

2017年05月03日

サバゲパーティー2017春 終了 その3

道南の森町のフィールドで年2回あるこのイベント、最近3年ほど毎回の参加となっています。



やはり、同志がいると行きたくなりますね。



ゲームは大人数でもちろん楽しめますが






インターバルの合間にこんな撮影やったりするのが、別な楽しみです。















今回見事ベストドレッサー賞を受賞した ハーセ氏の火炎放射器っぽい電動ガン




背中のタンクとホースは完全な飾りで、単なる電動ガンだそうです 笑



  

Posted by モーンケ@門家  at 17:53Comments(0)撮影ごっこサバゲー

2017年02月22日

タキカワグラード2017 続き

今回のタキカワグラードで初めて使った装備品  シースベッヒャーです。








弾頭がありませんが、シカゴで購入した実物です。


専用サイトも付属していますが、難ありでこの時は使えませんでした。



で、弾頭ですが、松栄製作所に問い合わせたところ、幸運にも倉庫から在庫が出てきまして
購入することができました。





対戦車榴弾3発と対人用榴弾1発です。



今回の松栄製作所様の対応は見事で、もうお礼の言葉もないくらいです。

なので、見つけていただいた分は全部買わせていただきました。




で、さっそく発射器に装着してみました。






バッチリです。


強いて言えば弾が筒に対して細いため、ゆるゆるです。

見えない部分なので、黒いビニールテープでも巻いて補正しようかと。

あと対人用は塗装のイメージが違っていたので、実物写真を参考に後日修正しようかと。

弾頭は全くの飾りで、モスカート発射などはできません。

また撮影の機会あれば今度は弾頭を装着してみたいです。



  

Posted by モーンケ@門家  at 20:47Comments(0)撮影ごっこ

2017年02月19日

タキカワグラード2017

先日北海道内の友人所有の敷地にて毎年恒例の撮影イベント、

タキカワグラードを実施してきました。



冬のドイツ軍の軍装を再現し、雪で作った塹壕陣地で撮影しようという試みです。

今回で6回目となるガルム旅団目物イベントです。

ドイツ軍の冬季装備や衣類は、やはり雪のある季節に使うのが一番。

普段使うことのないこれら装備ですが、ぜひこの機会に使いましょうってことで
北海道の雪を利用して遊んできました。

今回はなんと函館からも有志が応援に来てくれました。


MG42を設置したり




塹壕から射撃ポーズをしたり





電話線のリールを背負ってもらったり





雪原を行軍したり





食事はアイントプフをフードコンテナに入れて塹壕で食べたり





ソ連兵の方には捕虜になってもらったり





倒れて頂いたり





ソ連兵の捕虜になるイメージも





ソ連軍の砲撃で吹き飛ぶイメージで撮ったり





映画のように飯盒持って走るシーンの再現とか




他にもいろいろやりました。

自分の撮影だけで2000枚以上あります。


まだまだ撮影したいシーンもありましたが、それはまた来年、同じコスや装備持ち寄って撮影できたらと思います。



撮影に参加してくれた皆さん、ありがとうございました。






  

Posted by モーンケ@門家  at 17:31Comments(2)撮影ごっこタキカワグラード

2016年10月07日

函館サバパに出陣

9月18日 函館サバゲパーティに参加して参りました。



最近はドイツ兵より日本兵として参戦することが多くなってしまってますが、
ドイツ兵としての魂は忘れてはおりません 笑





今回は目玉装備として九六式軽機関銃を持ち込みました。







他の2次大戦装備と一緒に撮影




サバパの直前にエクセルホビーで購入した九六式を、店長さんに現地まで運搬させるという暴挙で、ようやく現地に間に合いました。

店長さん、ありがとうございます。

皆さん エクセルホビーならそこまでやってくれますよー



札幌から300k近く離れたフィールドまで直接納品してくれるお店なんてほかにあります?





持ち込んだら あとは遊ぶのみ!






対空射撃のイメージで撮影してみました。



残念ながら準備不足でゲームへの投入はしていませんが、来年のゲームには投入してみようと思います。

内部にも少し手を加えてみようと思います。

外装もちょっと残念な感じなので、長い北海道の冬の期間、これを手直ししてみたいと思います。













ゲームの合間には例によって撮影ごっこです。

今回は携帯天幕6枚を使って天幕の設営もしてみました。
こちらはいろいろ工夫や反省の余地がありそうです。










今回も道内各地の有志と一緒に楽しめました。

今度はドイツ兵装備で遊びに行きたいですね。

  

Posted by モーンケ@門家  at 00:55Comments(0)撮影ごっこサバゲー

2016年05月04日

サバゲパーティー2016春

北海道を代表するサバゲーイベント  サバゲパーティー2016春  今年も参加してきました。




サバゲーの方は撮影画像がないので ネタ撮影の画像を載せておきます






ソ連兵を待ち構えるドイツ機関銃チームっていう設定で撮影してみました。

ヨーロッパ某国の女性ですが、ドイツ軍服がやたら似合ってました。









東欧系のノリのいい方で、こういうシーンの撮影を提案したら 喜んで応じてくれました。







他にも日本兵で参加の方も得意なポーズで撮影してみました。






次回の秋も行ってみたいですね



  

Posted by モーンケ@門家  at 09:53Comments(0)撮影ごっこサバゲー

2014年11月03日

とまこす2014

これまではドイツ一辺倒でしたが

前回2月のとまこすで日本軍のコスの素晴らしさに改めて感銘を受けまして、

自分も急遽日本軍の衣装を揃えました。


デビューの記念写真を樽前山神社で撮ってきました










とまこすの写真も揃ったらぼちぼちしていきます  

Posted by モーンケ@門家  at 08:55Comments(2)撮影ごっこ

2014年03月09日

ソラチグラード  雪の塹壕でミリごっこ

札幌を出発する時はいい天気でした。

小春日和って感じでしたね。


しかし、空知は違う!


特に奈井江周辺だけピンポイントですごい雪降ってたらしい。


奈井江・砂川で強制的に高速降ろされ、

どんだけ吹雪いてるのかと思ったら、雪はやんでて、案外走りやすかった。



予定より早めにソラチグラードに到着。

さすがに寒かったです!



まずは塹壕の視察












今年も制約の多い中、よくこれだけ作ったもんだ。

フランツさん、すごいね!



作戦司令室兼会議室(要するにジンギスカン会場)








せっかくなので、名誉旅団長閣下を交えて撮影会






「補給品が届きました」











「おいみんな、食料が届いたぞ!」








「早く配れ!」
「でも缶詰ばっかりで・・・・肝心のコミスブロートがありません!」





SS士官颯爽と登場!




状況はどうだ?警戒を怠るなよ!







士官自ら塹壕で警戒





よし異常なし!




次は上空の警戒だ

マイヤー、一緒に来い!





上空の警戒を怠るな!


中尉、あそこに敵機!








伏せろ!












ふー、危なかった







モーンケ交代しろ!俺はメシだ








届いた糧食品でさっそく腹ごしらえ





肉とワインは私の部屋へ運べ!



北海道のジンギスカン 冬に食べるのもいいもんです。




ハーセさんも途中ちらっと来てくれて、うれしかったです。
今度は一緒にドイツ兵としてメシ食いたいね。


フランツさん、今年もありがとう。

冬のいい思い出になりました。


  

Posted by モーンケ@門家  at 22:40Comments(2)撮影ごっこタキカワグラード

2014年03月01日

あめいず苫小牧 アルゲマイネ大作戦

ありえない設定ですが、お遊びで撮ってみました




アラブの石油王を招待し







原油の独占的供給と引き換えに銃や武器の提供、ロケット技術の供与






交渉中







契約成立








お祝いの乾杯







契約の締結を発表







その頃アラブ王様は



サンプルにもらったKar98kにご満悦



王様からお礼の手紙が届いた



アラビア語なんですけど・・・・・・・ポリポリicon10
  

Posted by モーンケ@門家  at 08:41Comments(0)撮影ごっこ苫小牧2014

2014年02月27日

あめいず苫小牧  ドニエプル川からの撤退

先日あめいずのイベントが苫小牧であり、そこでいろんな写真撮ってきました。

フェリーの船上というなかなかできないロケもあったので、まずはそこで撮影した写真からストーリーを組んでみました。

あくまでネタですから、軽く流してください。










1943年ドイツ軍はドニエプル川を渡って西岸へ撤退していた。






「やれやれ、この戦争ももうすぐ終わりだな、ベルリンに無事帰れるかな・・・・」











「あ!」




「やべー、パトローネンタッシェンが曲がってるぞ、直さなきゃ。軍曹殿厳しいからな」









「モーンケ どうだ?俺Signal(ドイツの戦時雑誌)の表紙飾れるかな?」
「生き残ればね」






その時、上空で音が!




「お!飛行機だ、ルフトバッフェか?援護に来てくれたかな?」










「違うぞ、あれはヤーボだ!応戦しろ!!」









「畜生!ゲーリングは何してやがる!」
「助けてくれー!」






ヤーボの攻撃はすさまじく、船はあっという間に炎に包まれた!



「マイヤーーーーー!!!」





次々に倒れる兵士たち



「しっかりしろ!」









「 いつかきっと表紙を飾ってみせるぞ・・・・・・・・」





  

Posted by モーンケ@門家  at 00:25Comments(4)撮影ごっこ苫小牧2014

2014年02月25日

苫小牧あめいず フェリー船上にて

警戒で疲れた兵ってイメージで









ドイツ兵仲間と一緒に撮影






敵の戦闘機発見! ハンス、ミューラー 応戦しろ!



本物のフェリー船上でこんな撮影できるとはありがたいですね  

Posted by モーンケ@門家  at 00:50Comments(0)撮影ごっこ苫小牧2014

2014年02月23日

苫小牧 あめいずイベント

苫小牧で現在行われているコスプレイベントにミリタリーで参加中。

新たな仲間と知り合えて有意義なイベントとなっています。

明日は王子製紙迎賓館、EGAO、苫小牧フェリーターミナルを訪問予定です。  

Posted by モーンケ@門家  at 01:35Comments(2)撮影ごっこ苫小牧2014

2013年06月05日

あめいず村 クラッセホテル 番外編

前回のストーリー仕立てには入れられなかった写真ですが、今回撮影した写真の中で一番お気に入りのものがあります。


それはチャペルで撮影したものなんですが・・・・・・・
















暁の7人という映画をご存知でしょうか?














その映画でSS士官が結婚式を挙げるシーンがあります。












そう言われてすぐ思い出せる方はよほどのマニアかもしれませんね。













映画とはちょっと違いますが、こんなシーンを撮影してみました。




















ウェディングドレスを着た女性がいたので、撮影の交渉をさせていただきご了解いただきました。





自分にとって最も輝かしい?シーンになりましたよ。


慣れいない撮影でしたが、チャペルの上はとっても気持ちよかったです!







  

Posted by モーンケ@門家  at 20:48Comments(2)撮影ごっこ朝里 2013

2013年06月04日

あめいず村 朝里クラッセホテル 

6月2日 北海道 朝里クラッセホテルで行われたコスプレイベントに初めて参加してきました。

最初はおっかなびっくりって感じでしたが、SS中尉さんの人脈の繋がりでミリタリー系の方々と連携していろんなシチュエーション撮影で楽しみました。


150枚以上撮影した中から、厳選してストーリー仕立てでご紹介。





モーンケSS少将 
ルーマニアの山岳地帯での戦い


















うむ、 我が軍の防衛施設はよくできておる。

コンクリート製のトーチカや防衛施設でうるさいパルチザンどもを蹴散らしてくれるわ!うっはっは!!










警備にあたるSS下士官





(なんか本物の戦場写真みたい・・・・)






司令部に遠路はるばるベルリンから来客が!


駐独日本武官殿であります。





(腰の低い日本人と横柄なドイツ人)






さっそく要塞陣地の現地視察

(あれはMG42の機関銃座です)
(おー、我が軍は昔旅順でこんな施設に銃剣突撃をして甚大な被害を出しました)





更に司令部屋上の監視塔で周辺地図で現地の解説
(このへんでうまい焼鳥屋はありませんか?)
(ここはルーマニアですぞ、駐独武官殿)





副官は司令部のホールで待機中 規律正しいSS士官と長旅で疲れた日本士官







すると突然パルチザンの奇襲が!!




ただちに武官を退避させ、防衛の指示をするモーンケ







しかし、パルチザンは思った以上に手強く、装備の貧弱な末期のドイツ防衛部隊は苦戦してしまう・・・・


負傷者も続出・・・・・ザニテーター!!!






モーンケも勇敢に戦う!















しかし結局パルチザンに占領され、防衛隊陸軍士官とともに司令部地下のバーでヤケ酒を飲む・・・・・







パルチザンに捕らわれるくらいなら・・・・覚悟を決めたモーンケ










※登場人物や地名設定はすべてフィクションです。
細かいつっこみはご遠慮ください(笑)

  

Posted by モーンケ@門家  at 22:34Comments(6)撮影ごっこ朝里 2013

2013年03月03日

スターリングラードごっこ2013

カメラードのフランツさんが北海道空知地区某所に構築した雪の塹壕陣地で、今年も楽しく遊んできました。

前回紹介したケーブルのドラムリールを背負って、雪原で撮影会やりました。


敵を警戒しつつ・・・・・






ケーブル敷設をするSS兵





塹壕で余剰のケーブルを巻き取って




こんな重いリールを背負っての作業は遊びでも大変です。
実戦で作業していた兵はもっと大変だったでしょう。



今回フランツさんお作ってくれた塹壕陣地です。





なんちゃって銃座もあったりして



戦友のハーセさんと記念撮影


ソ連兵を捕虜にしたって設定で


ソ連軍に殲滅された塹壕



本物の雪原でのミリタリーごっこは本州のイベントとは一味違いますよ。

スターリングラードの寒さや雪の冷たさを実感できます。

また機会があればあればやってみたいです!  

Posted by モーンケ@門家  at 11:26Comments(0)撮影ごっこタキカワグラード

2012年12月20日

スターリングラードごっこ

2012年2月に空知方面の友人の家付近で遊んだ時の模様です。

ドイツ兵仲間のフランツさんが雪を掘って塹壕陣地を構築したので、遊びにいきました。



フランツさん製作の75mm歩兵砲が据えてあります。


裏から見るとこんな感じ




白い布を貼って敵(周辺住民)から怪しまれないように偽装しています


ソ連軍の攻撃だ




フランツさんはパンツァーシュレックまで自作してます






陣地に侵入したソ連兵と白兵戦




遊んだあとはアツアツのモツ鍋を塹壕で食べて終了です。


来年2月くらいにまたやろうと計画してます。

こんな寒い、雪の多い時期にアホな大人かもしれませんが、
雪があるからこその遊びでもあります。





  

Posted by モーンケ@門家  at 22:04Comments(3)撮影ごっこタキカワグラード

アクセスカウンタ
< 2018年09月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
プロフィール
モーンケ@門家
モーンケ@門家

北海道で二次戦をテーマに、サバイバルゲームや撮影会に参加しています。主に管理人が所有する装備やコレクションについて紹介しています。また装備の手直しや修理、カスタムについても随時書いていきます
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
所蔵資料