2018年02月10日

九六式軽機関銃 多弾マガジンの製作 4

九六式軽機関銃の多弾マグの製作ですが、

しばらく中断していましたが、千歳の友人さんからいいこと教ええていただいたので再開です。







問題はどうやってゼンマイ巻くかなんですが、本体に穴開けてネジで巻く方式にしました。

真ん中に六角レンチの穴がありますが、無視して広げてM5タップでネジ切りして、ネジを取り付けました。




マガジン本体に入れて給弾口付近で本体と接着。


ネジ穴は型紙を作って位置を合わせてからドリルで穴開けしす。


ネジロックで固定してるから大丈夫だと思うけど、なくしてもホームセンターでなんぼでも売ってるから安心。

ゼンマイとマガジン本体の隙間がタイトなので、ゼンマイの巻き上げがスムーズかどうか、確認しながら接着します。


ネジの色が白で目立つからタミヤカラーで黒く塗ればいいかなと。

あとはアマゾンで頼んだ蓋の部品が届けば出来上がり。





同じカテゴリー()の記事画像
九六式/九九式軽機関銃 弾倉嚢 製作
シースベッヒャー用サイトのレストア
九六式軽機関銃 内部カスタム
九六式軽機関銃 多弾マガジンの製作 3
九六式軽機関銃 多弾マグの製作 2
九六式軽機関銃 多弾マグの製作
同じカテゴリー()の記事
 九六式/九九式軽機関銃 弾倉嚢 製作 (2018-06-17 22:01)
 シースベッヒャー用サイトのレストア (2018-03-07 20:13)
 九六式軽機関銃 内部カスタム (2018-02-08 21:07)
 九六式軽機関銃 多弾マガジンの製作 3 (2017-09-27 22:28)
 九六式軽機関銃 多弾マグの製作 2 (2017-09-27 00:01)
 九六式軽機関銃 多弾マグの製作 (2017-09-25 19:45)

Posted by モーンケ@門家  at 00:29 │Comments(0)大日本帝国計画

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

アクセスカウンタ
< 2018年07月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール
モーンケ@門家
モーンケ@門家

北海道で二次戦をテーマに、サバイバルゲームや撮影会に参加しています。主に管理人が所有する装備やコレクションについて紹介しています。また装備の手直しや修理、カスタムについても随時書いていきます
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE

所蔵資料