2017年09月25日

九六式軽機関銃 多弾マグの製作

KTWの九六式軽機関銃ですが、
持ってる方の悩みとして、弾数の少なさがあります。



マガジンの内部はこうなってます。

なんてもったいない構造❗


これを改善して 500発程度の容量のマガジンにしてみたいと思います。


まずはマガジンの分解



接着なので慎重に外します。


多弾のゼンマイ部分には同じ上から給弾のアローダイナミックZB26のマガジンを使いました。



Viva arms もありますが、バネ押しの150連なのでたいして変わらない。

やはり分隊支援火器なら十分な弾幕を張りたいので。

今後順次加工の模様を書いていきます







同じカテゴリー()の記事画像
九六式/九九式軽機関銃 弾倉嚢 製作
シースベッヒャー用サイトのレストア
九六式軽機関銃 多弾マガジンの製作 4
九六式軽機関銃 内部カスタム
九六式軽機関銃 多弾マガジンの製作 3
九六式軽機関銃 多弾マグの製作 2
同じカテゴリー()の記事
 九六式/九九式軽機関銃 弾倉嚢 製作 (2018-06-17 22:01)
 シースベッヒャー用サイトのレストア (2018-03-07 20:13)
 九六式軽機関銃 多弾マガジンの製作 4 (2018-02-10 00:29)
 九六式軽機関銃 内部カスタム (2018-02-08 21:07)
 九六式軽機関銃 多弾マガジンの製作 3 (2017-09-27 22:28)
 九六式軽機関銃 多弾マグの製作 2 (2017-09-27 00:01)

Posted by モーンケ@門家  at 19:45 │Comments(0)大日本帝国計画

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

アクセスカウンタ
< 2018年07月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール
モーンケ@門家
モーンケ@門家

北海道で二次戦をテーマに、サバイバルゲームや撮影会に参加しています。主に管理人が所有する装備やコレクションについて紹介しています。また装備の手直しや修理、カスタムについても随時書いていきます
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE

所蔵資料